インプラントの強度

インプラントを長く使うために

インプラントの歯の寿命

インプラントの歯は、溶けたり腐ったりするものではありませんので、何度も作り直す必要もなく、寿命というのも特にありません。インプラントの治療が終わった後も、メンテナンスを定期的に続けていくことで、半永久的に使用し続けることが可能です。このメンテナンスを行うことなく放置してしまうと、歯の周りの状態が悪くなり、最悪の場合は歯が取れてしまうこともあります。そのような状態にならなければ、一度治療した歯は、長持ちすると言えるでしょう。

インプラントは他の歯を削らない

インプラント治療は歯を失った部分のみ治療します。失った歯があった顎の骨の部分に穴を開けて人工の歯根をつくりそこに人工歯を取り付けるという方法です。ブリッジのような治療では両はしの健康は歯を削ってしまうことになりそこから虫歯になってしまうこともあります。インプラントの場合は周りの歯を削る必要がなく、しかもしっかりと固定することができるためとても安定して噛むことができるようになり、健康は歯も残しておくことができます。

↑PAGE TOP