インプラントの必要性

インプラントを長く使うために

インプラント治療の特徴について

奥歯など虫歯や歯周病で歯を失うことがありますが、インプラントはそのような失った歯を治療する方法です。部分入れ歯という方法もありますが、入れ歯の場合は金属製のバネで引っ掛けて固定する方法で取り外しができるために動くこともあります。インプラントは歯茎の骨に固定する方法のため、取り外しはできません。その代わり入れ歯にはない固定感で固いものも噛むことができるようになり天然の歯と変わらない感覚や外観が特徴なのです。

インプラントのいいところ

病気やけがなどで歯を失ったら、早めに治療をするといいです。インプラントにすれば、固定がしっかりとされているので、生活の中でずれたり外れたりすることがないので安心です。機能性にも富んでいますが、見た目の美しさにも定評があります。色や艶などが自分の歯と酷似していて、治療を施したことすらわからないというのもインプラントのメリットであり、特徴の一つとも言えます。咀嚼も簡単にできるので、とても安心感があります。

↑PAGE TOP