インプラントケアは歯肉痩せ防止

インプラントケアの重要性

インプラントを長持ちさせるには

インプラントは、審美性に優れ、違和感が少なく、食事の時にしっかりと噛むことができるとメリットの多い治療方法です。また耐久性にも非常に優れており、適切なケアを心がければ、半永久的に持つとされています。治療して10年後の残存率は9割を超えると言われています。しかし、インプラントを長く使い続けるには適切なケアがかかせません。ケアを怠ると、最悪の場合、脱落してしまうこともあります。この主な原因はインプラント周囲炎と呼ばれる疾患です。これはインプラント周辺に歯垢や歯石が溜まって歯肉が炎症を起こし、歯周病のような状態になるものです。インプラント周囲炎は進行しやすく、しかも自覚症状があまりありません。気づいた時にはかなり進行していたということもあります。自然に治癒することは無いため、気がついた時点で速やかに治療を受ける必要があります。周囲炎にならないためにも、治療後も定期的な検診を受けるとともに、自宅では丁寧なブラッシングを行い、ケアに努める必要があります。治療後、メンテナンスのために通う期間はいつまでとは決まっていません。期間の区切りなく、生涯にわたって定期的に受診し続けるといいでしょう。頻度についいては、歯の状態や歯科医師の考え方にもよります。基本的には年に2~3回くらいが目安と言われています。どのくらいの期間をあけて受診すればいいかは、主治医によく確認しましょう。

↑PAGE TOP