インプラントの詳細と内容

インプラントを長持ちさせるケア

インプラント治療後のケアが大切

インプラント治療は、歯を失った個所への有効な治療法のひとつです。自然な歯のような見た目で、違和感なく物を噛めるようになります。また耐久性にも優れています。しかし、インプラントをより長い間もたせるためには、適切なケアが必要です。適切にメンテナンスをおこなえば半永久的に使用できると言われています。途中でダメになる原因として多いのが、インプラント歯周炎です。これは、人工歯の周辺に歯垢が溜まって炎症がおき、最悪の場合インプラント体が脱落することもあるという疾患です。インプラント治療後は歯垢をためないように特に注意してケアする必要があります。自分でできるセルフケアの内容として挙げられるのが、毎日の正しい方法による歯磨きです。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも使用して、歯と歯の隙間もふくめてすみずみまできれいにお掃除しましょう。また、歯科医院で定期的な歯科検診を受けることが大切です。歯科検診の内容は、口腔内や歯の状態の確認、噛み合わせがおかしくないかのチェック、さらにPTMCとよばれる専用の器具を使った歯のクリーニングなどがあります。レントゲンによる検査や正しいブラッシング方法の指導を行うなど、定期検診の内容はその時の状態に応じて、また歯科医院によって、多少異なることがあります。

↑PAGE TOP