歯科インプラント

インプラントを長く使うために

インプラントと差し歯の違い

歯が失われてしまった場合、それをケアするにはいくつかの方法があります。その中でも代表的なのが、差し歯とインプラントです。この2つの治療には大きな違いがあります。差し歯は、歯が欠けてしまった部分を補うように、歯の根の部分に金属などの土台を入れ、人工の歯を被せる治療になります。それに対してインプラントは、チタン製のネジを埋め込み、歯の根の部分を作り出す治療になります。見た目も失われた歯と近づけることができる上に、噛み心地も自然に近いというメリットがあります。

↑PAGE TOP