インプラント治療

インプラントを長く使うために

インプラント治療の特徴について

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にしてその上下に人工の歯を取り付けて、失った歯と同じように使えるようにします。この方法を利用すれば、天然の歯に近い噛み心地になる上に、入れた人工歯は耐久性もあり、見た目も天然の歯と殆ど変わらないようにすることができるというメリットがあります。また、インプラント治療の場合は周囲の歯に負担をかけないので、歯全体の健康や見た目を維持することが可能です。

インプラントのメリット

インプラントはメリットが豊富な治療法であり、歯科医師の多くが第一に選択すべき治療法として推奨しています。インプラントは審美性と機能性の両方を満たした数少ない治療法です。あごの骨に埋め込んだ人工歯根が骨と強く結合するため天然の歯に近い力で噛むことができ、取り付けたセラミックの歯は天然の歯と見た目が非常に近いため、銀歯のように周囲からの目を気にする必要がありません。また、この治療法はあごの骨に人工歯根を固定するため、周囲の歯に負担をかけることがなく、歯全体の健康を維持することにつながります。

↑PAGE TOP